YAMAHA LS-380
(up Nov 13 2003)

YAMAHA SL-380 (1970年代後期?) 修復作業


●ヤマハのレスポールタイプ・モデル (最下位機種) です。これもジャパンビンテージの仲間に入るのかな?

●手持ちのヤマハのカタログ (1980年5月発行) を見るとこの SL-380 という型番 ( ¥38,000-) ではすでに存在致しません。1980年5月カタログでは、「SL-400S / ¥40,000-」になり、1982年カタログでは、「SL-450S / ¥45,000-」と掲載されております。

●なぜ、このギターが我が家にあるかというと 2000年頃、ふらっと来た友人が置いて帰ったもの (置き土産?) なのです。知り合いの倉庫に他の道具と一緒に裸で埋まっていたのを見つけて譲り受けてきたらしい (まだ、色々楽器が埋まっている模様) 。しばらく壁に掛けて ほったらかしにしてたのですが 最近、なぜかこのギターが気になり (可哀想かなって) 修復作業となりました。

●上の画像を見る限りでは年代のわりに綺麗な状態に見えると思いますが 一週間くらい夜な夜な作業場に出向き研磨作業をした結果なのです。 ボディーやネックともにくすんで長年の汚れやホコリが付着しておりました。ボディー側面両側に激しい打痕や擦り傷の後が生々しく残っております。最後にタートルワックスにて仕上げ。

★ポットは、白さびだらけでケーブルにはビニールテープなどが巻いて補修してあります。ハムマイク・フレームは変形しておりハム用エスカッションは破損しておりその中の1本のビスはボディー内で折れ込んでいて ハム用カバーも剥がされています。

▲余談ですが 1970年代後半頃の¥30,000-前後のこのタイプのギターってハム用カバーを開けると実は、シングルコイルだったということがありました。私の初代ギターですがハム用カバーを開けたらシングルコイルでガッカリ!!さすがにこれは、そんな事はないようです。

▲丁度、1970年代後期頃はオープンタイプ・ハムバッキングが流行り出した頃で 巷では、カバーを外してオープンにする改造が流行っていて 当時のヤングギター誌だったと思いますがこの改造の記事が掲載されていたのを記憶しております。山本恭司氏が登場し 熱したナベの中にロウソクを放り込んで そのナベの中に溶かし込んだロウ地獄の中にカバーを外したピックアップを漬け込んで処理するという記事です。ハウリング防止の為の処理だったと記憶しております。このギターのマイクは、ロウ漬け処理をせず ただカバーを外しただけのようです。

◆使えるパーツは使いつつ修復したいと思います。もうすぐ交換するパーツが届きますので組立が楽しみです。 (up July 29 2006)

とりあえず修復完了!


◆心臓部であるハム・マイクをテスターで計測したら生きているのを確認。

◆ブリッジやペグ・他の金属パーツは、コンパウンドにて仕上げ。
使えないマイク用エスカッションやビス、電気関係パーツ (スイッチ/ポット/ケーブルなど) は全て交換。フレットも現状ではまずい状態だったので軽く擦り合せしました。

◆一応、組み上がってあらためてこのギターを見るとボディートップには、目立つ傷が全く無いんですよね。ボディー側面は、凹み傷が多くあるのに摩訶不思議です。ちょっと転けたぐらいでは凹みそうにないんですが・・・。

◆このランクくらいのギターのボディーって凄い数の板を貼り合わせしているのが確認出来ます (特に側面から見ると凄い) 。抱えてみると結構、重量感があります。
弦を張っているときペグの芯棒っていうのか これが飛び出た時は、驚きました。交換用ペグは、準備してないのでとりあえずこのままでという事で。

◆さて、アンプに接続して音出しです。
低音部は、若干ではありますがもっさりとした感じでハリが不足気味 高音部は、まあまあ 少しは許せる範囲。こういうギターってのも面白いです。いつの間にか弾き込んでしまいました。

この修復状態で『このギターが欲しい!』っていうギター小僧がいたらお持ち帰りしてもらうつもりです。パーツ代ぐらいは、貰いますけどね。ルックスがいいでしょう?

今回、注文した材料です。
・ハム用エスカッション フロント アイボリー ×1ヶ
・ハム用エスカッション リアー アイボリー ×1ヶ
・フロントマイク用エスカッションビス NI ×4ヶ
・リアーマイク用エスカッションビス NI ×4ヶ
・ハンバッキングマイク・カバー 9.5mmピッチ CR ×1ヶ
・ハンバッキングマイク・カバー 10mmピッチ CR ×1ヶ
・トグルSWノブ アイボリー ×1ヶ
・トグルSW 立型×1ヶ
・トグルSWプレート アイボリー ×1ヶ
・コンデンサー スプラグ・オレンジドロップ/SBE715P,600V 0.022μF ×2ヶ
・ スピードノブ GL ×4ヶ
・コントロールポット 500KA ×2ヶ
・コントロールポット 500KB ×2ヶ
・LPピックガード(ブラケット/ビス込み) アイボリー ×1セット

ケーブルとシールド線 (2芯) は、在庫分使用。 (up Aug 06 2006)



このコンテンツは、フレームを使用しております。検索サイトなどから訪問されるとインデックス・フレームが表示されない場合があります。その時は、こちらをクリックして下さい。